治療内容(腰痛・ぎっくり腰・膝の痛み)

腰痛・ぎっくり腰

腰痛の原因

ほとんどの腰痛は背骨やその周辺にある筋肉の異常が原因となっており、中には「脊柱管狭窄症」「すべり症」「変形性脊椎症」「椎間板ヘルニア」「骨粗鬆症」など、具体的な病名がついているものもあります。

場合によっては内臓疾患によって腰痛が発生していることもあります。内臓疾患が原因で引き起こす腰痛に関しては早期の治療が必要です。また、医師の診察も受けて的確な治療計画を立てていきましょう。

ぎっくり腰

急性腰痛症と呼ばれるもので、重い物を持とうとして急に腰に負荷をかけたときに発生することが多いですが、筋肉疲労が溜まっていると軽い物を持つときやちょっと腰を曲げたときに、それが引き金となって発生することもあります。

治療方法

「こうすればどんな腰痛も治る」という魔法のような治療方法があるわけではありません。まずは腰痛の原因をしっかりと見極め、その原因を根本的に解消することが重要です。
また、ただ筋肉をもみほぐせば良いというわけではありません。

当院では治療においては手技の他、特殊電気療法や鍼治療も取り入れています。あなたにピッタリの治療方法がきっとありますので、まずはお気軽にご相談ください。

子供がいる方へ

腰痛と言えば中高年の方がよく悩んでいるイメージがあるかと思いますが、実は子供の腰痛が増えてきています。その原因のほとんどが姿勢です。

猫背になっている子などは腰に負担がかかり続けるため、腰痛が発生するリスクが高くなるでしょう。
また部活動などで激しい運動を続けている場合も、筋肉疲労が溜まってケガになりやすくなります。いずれにせよ、すぐに改善できるものではないため、ぎっくり腰のような生活に支障が出る事態にならないよう早めの治療を心がけましょう。

 

また当院では、定期的な身体のメンテナンスを行っております。

ケガの予防となるため保険外診療となりますがケガになりにくい身体作りを支援します。

メンテナンス料金:

 

勿論、スポーツ中の「ケガ」に関しては保険適用となりますのでご安心して来院下さい。

膝の痛み

膝の痛みの原因

関節には骨と骨の間に「軟骨」がありクッションの役割を果たしていますが、これがすり減っていくと骨に直接刺激が伝わり、強い痛みの原因となります。また、よく言われている通り加齢や運動不足によって脚の筋肉が衰えると、膝の関節にかかる負担が増えてケガの原因となります。

ただし、それ以外の原因ももちろんあり、例えば身体のバランスが崩れていると、膝関節に過度な負担がかかったり、捻れたりして痛みを引き起こします。

人間は二足歩行をする動物ですので、QOLを保つためには膝の故障といかにうまく付き合っていくかが重要です。

治療方法

膝そのものに原因がある場合は膝へのアプローチをしますが、身体の歪みのように別のところに原因がある場合は、例えば骨盤や股関節を正しい位置に戻すことで膝の痛みが解消させることもあります。

また、医師の診察や治療が必要な場合もございますのでそういった場合は、病院とも連携をして治療を進めていきます。膝はちょっとした痛みや違和感があるだけでも、それをかばって余計に負担をかけてしまうことがあります。


また膝は常に体重がかかり続けるところで、安静にするのもなかなか難しい部位です。無理をせずに早めに当院へご相談にいらしてください。

にしはち健幸堂鍼灸・接骨院 TEL:042-673-4361 にしはち健幸堂鍼灸・接骨院 TEL:042-673-4361
ご予約はこちら スタッフブログ キャンペーン実施中! EMSダイエット 鍼治療 特殊電気治療 花粉症治療 交通事故治療 スポーツ治療 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC